サイトメニュー

手厚い内容でリフレッシュ

カウンセリングを受ける男性

ストレスフリーに導く

うつ病の診断基準には、抑うつ症状の持続が上げられていて、意欲低下が1日中続くようです。しかし、自宅では元気なのに仕事になれば激しく落ち込む『新型うつ病』の診断を受ける方もいます。産業医の中には、職場への不適応に基づく適応障害というニュアンスに置き換えることもあるそうです。職場側の問題、職場との相性がキッカケでうつ病になる可能性からも、今、医療以外の企業保険を活かす取り組みが進んでいます。医療機関では、本人の話を共感的に傾聴してくれますし、職場との話し合いを望むのであれば、間に入ってくれます。また、保険内容には障害・雇用保険もあれば、好待遇でカバーする企業も在ります。うつ病は、働き盛りであれば休暇が取れずに、長期化する場合もあるようです。ムリがたたるより、日帰り(短期)入院による休養の処置を取ることを指示する医師もいます。その場合にも保険が適用でき、なおかつ、リフレッシュ休暇などを使えば、治療費や経済面の負担にはなりません。上手く活用できるように、医師・保険会社・職場が連携を図ってくれます。もちろん、それには本人が望むことが絶対条件で、職場との調整も進めてくれますから、活用してみましょう。

うつ病は単なる精神疾患ではなく、ときに身体症状を訴える場合もあります。もちろん、医療保険や国民健康保険で治療費はカバーできます。うつ病でしばしば見られる心の症状には、不安や抑うつ、不眠やイライラなどがあります。保険会社によって健康で過ごせるなら給付金が支給されることもあるようです。精神科・心療内科が専門なのですが、認知行動療法や薬物療法だけでなく、ときには負担にならない非薬物療法を提案するといいます。その1つが、国内・海外旅行に出かけるという内容です。旅行保険も登場しており、万が一のサポートが注目されています。その保障内容としては、具合が悪くなり病院を受診した場合の治療費を負担したり、トラブルに見舞われた場合にもサポートセンターにて迅速に解決してくれます。うつ病は、環境変化により良くも悪くも症状が変化しますから、自然に触れる、ストレスフリーな環境に身を投じることも治療には効果的なようです。グループで、あるいは1人旅でも一時的に加入することができます。不調を我慢させない、こうしたサポートに強く、こうした保険は日に日に注目度が高まっています。

Copyright© 2019 心の病気でも安心して治療を進めることができる All Rights Reserved.